HOME » ネイリストとして働く為に受けておきたいネイリスト検定 » 独学でネイルの資格を取得できるかどうか?

独学でネイルの資格を取得できるかどうか?

独学でネイルの資格取得は可能?

ネイル関連の資格を取得するには、通信講座を利用したりネイルスクールに通学したりするのが一般的です。ただ、市販の教材を利用して独学で勉強して知識を身に付けるという方法もあります。 実際のところ、この「独学」という方法で自分が望む資格を取得することは可能なのでしょうか。実態に迫ってみましょう。

3級は独学でもイケる!

ネイリスト検定には、3級、2級、1級の3つに階級が分けられています。階級の数が小さくなるにつれて、ネイルに関する専門知識や技術面がより濃い内容となり、それに伴い試験の難易度も増してきます。 結論から言うと、3級は独学だけで十分取得可能です。と言うのも、3級はネイルケアやネイルアートに関する基本的な技術や知識といった基礎中の基礎が出題されるからです。 市販品として購入した教材や動画配信サイト内にある教材代わりとなる動画などを通してみっちり練習を重ねれば、知識と技術両方を身につけることができるでしょう。

【結論】

3級レベルは独学で十分取得可能!

2級からは独学では難しい

ネイリスト検定2級を取得するためには、サロンでお客さんを相手にした基本的な技術を身に付けておく必要があります。もっと細かく言うと、ネイルケア、リペア、チップ&ラップ、そしてネイルアートなどをくまなく押さえておかなければなりません。100%とは断言できませんが、少なくとも独学で2級を取得するのは至難の業と言えるでしょう。 本気で受かりたいのであれば、通信講座やネイルスクールを通して、即戦力として通用できるほどの知識と技術を培いましょう。

【結論】

独学による2級取得は極めて困難。講師から教わるのがベター。

1級受験はプロ講師の受講が必要不可欠

ネイリスト検定1級の合格率は2級所持者でも3割前後と、かなりの低さです。独学だけで合格を目指すのはまず不可能と考えてよいでしょう。 ネイリスト検定1級で求められるのは、ずばりトップレベルのネイリストとしての腕前です。つまりトップネイリストになるほどの腕を持って初めて1級取得に臨むことができるということです。 可能であればネイルサロンやネイルスクールに通い、実践的な技術や知識を習得し、その上で模擬試験などにも積極的に受験するようにしましょう。

検定を目指すならスクールや通信講座も検討してみよう

ネイリスト検定2級以上を目指しており、かつ今後ネイリストとして長く勤めていきたいと考えているのであれば、ネイルスクールや通信講座を通して勉強することをオススメします。知識面であれば独学でいくらでも身に付けられますが、技術面となるとプロの講師から教わるかどうかで身に付き方が全く違ってくるからです。その意味では、直接的に指導を受けられるネイルスクールへの通学が一番効率的かもしれません。 特に独学にこだわる必要が無ければ、ネイルスクールや通信講座の利用を選択肢に加えてみると良いでしょう。

ネイリスト検定合格を目指す人へのワンポイントアドバイス

独学によってネイリスト検定合格を勝ち取るのは決して不可能ではありません。やり方次第では2級合格も夢ではありません。

独学で検定取得を狙う人へ

独学という勉強法には様々なメリットがありますが、最も大きなメリットは「経済面での負担が少ない」という点でしょう。必要な教材やネイル用具は予算に合わせて自分の都合で購入できますし、また最近は動画配信サイトなどにも級別の練習法の動画が配信されています。そのため、負担する費用は教材やネイル用具にあてる分くらいなのです。 経済面以外で言うと、自宅で自分のペースで勉強できるというメリットもあります。職に就いている方やこどもがいる方にとっては理想的な勉強法と言えるかもしれません。

さすがに独学で1級合格を目指すのは無理がありますが、それでもみっちり勉強すれば2級合格は十分狙えます。そこで、「どうしても独学で頑張りたい!」という人にちょっとしたアドバイスや裏ワザ紹介したいと思います。

  1. 勉強法の基礎を身に付けよう

    どの試験においても同様のことが言えますが、やはり基礎を固めるのが一番の優先事項です。まずはネイルに関する基礎知識を覚えていきましょう。ネイルの歴史、カットの形、爪の病気などがそれにあたります。ネイルの基礎を頭に叩き込んだら実技の練習に挑みます。 ネイル用具の名称、そしてネイルの手順を覚えていきます。使用した道具の管理や手入れもきっちりやってきましょう。これを怠ると爪の病気を誘発する可能性があるからです。

    自分の手を使って実技練習をする方もいますが、検定試験ではハンドモデルが用意されるので、できるだけ家族や知人に協力してもらうようにしましょう。

  2. 教材やネイル用具を安く揃える方法

    ネイルの勉強にテキストや教材用DVDは必要不可欠。もちろん実技の練習に使うネイル用具も必要です。ネイル関連の教材は結構高く、新品だと一冊5,000円前後で販売されています。しかし中古品を扱う通販サイトを利用すれば半額以下で購入できる場合があります。ネイル用具に関しても、検定試験でそのまま使えるような用具一式が通販サイトで簡単に手に入ります。 教材を購入する際は、自分が受験する級に適したものを選び、かつ自分のレベルに見合ったものを選ぶようにしましょう。

  3. JNAに入会しておいて損は無い

    JNAは「日本ネイリスト協会」の略称で、主にネイリスト検定試験の運営支援を行ったり、全国でネイルに関するセミナーやイベントなどを開催したりといった活動をしています。 JNAの一般会員に登録すると、ネイリスト検定や各種コンテストなどの情報がいち早く送られてきたり、JNAが主催するイベントに参加できたりといった特典が得られます。他にも、ネイリスト検定合格を目指す方にとって嬉しい特典が豊富に用意されています。会費は以下の通りです。

    個人一般会員
    入会金 無料
    年会費 6,000円(入会時期が10~3月の場合は3,000円)
    個人正会員
    入会金 10,000円
    年会費 12,000円(入会時期が10~3月の場合は6,000円)

    個人一般会員であれば年会費もリーズナブルでオススメです。

  4. 模擬試験は必ず受けておくべし

    独学で勉強していても、本試験の受験前に模擬試験はぜひとも受けておくべきです。模擬試験には以下のメリットがあります。

    • 本物の審査官が審査してくれる
    • 本試験に近い時間配分で試験を実施するので、本番の感覚を事前に体感できる
    • 自分の現状を指導付きで把握できる

    模擬試験を受けることで本試験にごく近い感覚を体感でき、さらに講師による丁寧な指導を受けることもできます。独学で培った実力を試すという意味でも、受けておいて損は無いでしょう。 模擬試験には受験料が設けられており、3級が10,000円前後、2級でも12,000円前後、1級が15,000円前後となっています。試験の申し込みは各ネイルスクールの運営サイト内からできるようになっています。

自分に合った独学法で合格を勝ち取ろう

独学でネイリスト検定合格を目指すのは簡単なことではありません。3級であれば十分可能ですが、2級・1級となるとかなりその道は険しくなるでしょう。ただ、上記に挙げた工夫法を取り入れたり、自分なりの独学法を行ったりすれば、合格率は確実に上がります。 「独学でいけるところまでいきたい」と考えているのであれば、そのやる気を維持しながら頑張ってみてください。