HOME » ネイリストとして働く為に受けておきたいネイリスト検定 » ネイリストの年収はいくら?~ネイリストの給料の相場~

ネイリストの年収はいくら?~ネイリストの給料の相場~

ズバリ!ネイリストの年収は?

ネイリストは女性からの人気が高く、「将来なりたい職業」としても毎年上位にランクインしています。ただ、ネイリストの収入面を把握している人というのはそう多くはありません。

そこで、ネイリストの気になる収入面を細かく紹介していきたいと思います。

アルバイト・パート・契約社員の平均月収

ネイルサロンへの就職が決まった場合、アルバイトやパート、もしくは契約社員などの形態などで雇われるケースがほとんどです。これらの雇用形態として働いている間は、上記のような時給制で給与が計算される傾向にあります。

ここで記載している時給額はあくまで相場で、地域によって多少の差があります。目安としては、店舗が所在する都道府県の最低賃金より少し高いくらいの額に設定されていることが多いです。

  • アルバイト・パートの平均時給:800円~1,300円(地域によって違う)

アルバイトとして働いている人の声

【ネイリストとしての仕事に集中できます(20代/ネイルサロンアルバイトスタッフ)】

ネイルサロンに飛び込んだ動機が「ネイルがしたい」の1点で、経営や管理職などに一切の興味が無かったので、ネイルの施術に専念できる今の環境に満足しています。

毎月の収入は20万円に満たないものですが、ネイリストとして楽しく仕事ができ、同時にスキルアップもできているので、満足しています。

正社員の平均月収

正社員で雇用された場合、時給制ではなく固定給で給与が支払われるようになります。相場だけ見ると、思ったよりも低いと思うかもしれません。

しかし、ネイリストは固定給に加え、指名料や役職などの手当が付くところも多いので、経験や本人の頑張り次第ではこの相場額よりももっと高い額に上げていくことも十分可能です。

  • 正社員の平均月収:16~25万円(年収200~300万円程度)

正社員として働いている人の声

【立場的にも収入的にも安定しています(30代/ネイルサロン正社員)】

若いうちに通信講座でネイリスト検定を取得していたこともあり、20代半ばには正社員としてサロンに勤めていました。年収は300万円程度です。

固定給ということもあり、安定した環境で仕事ができています。

サロン店長の平均月収

ネイルサロンに店長として勤めた場合、平均月収は下記の額となります。お店の規模が大手と呼べるくらい大きいところであれば、給与額が高くなる可能性があります。

ただ場合によっては、店長として勤めるよりもサロンの経営者(オーナー)となったほうが給与面的に満足できることもあります。

  • サロン店長の平均月収:月収30~40万円(年収400万円以上)

店長として働いている人の声

【大変だけどやりがいはあります!(30代/ネイルサロン店長)】

ネイリストとして働き始めて6年目、いつの間にか店長になっていました(笑)。

仕事量が思っていた以上にあり、毎日四苦八苦しながら仕事をこなしていました。ただ周りのスタッフから支えられ、今は多少の余裕が生まれるようにはなりました。

月収は30万円前後です。個人的には満足できる額ですが、もっとお店を盛り上げてスタッフ全員の収入UPを目指します!

ネイル講師の平均月収はいくら?

ネイリストとしてではなく、「ネイル講師」という肩書を持った場合、給与面はどのような感じになるのでしょうか。

ネイル講師は、平均月収に大きな開きがあります。その理由は、過去にサロンに勤めていた経験を持っているかどうかが給与面に大きな影響が与えるからです。

例えばサロンに勤めた経験を持たないまま講師となった場合、20万円前後の月収額に落ち着きます。しかし、サロンに勤めた過去を持っていたり、講師としての過去を持っていたりした場合、40万円前後の月収が期待できるでしょう。

ただ、ネイル講師として働く場合はネイリスト検定1級を取得しておくのが最低条件だと捉えておきましょう。もちろんネイリストやネイル講師になるのに特別な資格は必要ありませんが、講師となる以上それなりの知識や技術を身に付けておかなければならないからです。

ネイリスト検定は通信講座を通して取得できる資格なので、ネイル講師を目指している方は視野に入れておくと良いでしょう。

  • ネイル講師の平均月収:月収20~40万円

ネイル講師の声

【収入は良いほうだと思います。もちろんやりがいも!(30代/ネイル講師)】

現役ネイル講師です。月収は35~40万円くらいです。以前はネイルサロンで店長を務めていましたが、講師の道に進むことを決意し退職、今はネイルスクールの講師をしています。

当時はハンドモデルさんとの練習や、自主練習などを毎日行っていましたが、これが大きな糧になったと思います。

ネイル講師という職は収入面も安定していますし、何よりネイルスクールで育てた生徒が巣立っていくのは感慨深いものがありますよ。

自宅サロンを立ち上げた場合の平均月収はいくら?

最近増えているのが、自宅をネイルサロン風に改造して、小規模な個人ネイルサロンを経営するパターンです。ネイリスト、店長、そしてサロンの経営者の3つを勤め上げなければなりませんが、月収はどのような感じになるのでしょうか。

実のところ、自宅ネイルサロンの給与額は差がとても大きく、月収10万円前後のサロンもあれば、100万円前後のサロンもあります。まさにピンキリなのです。

ただ、自宅でネイルサロンを開いているところは、利益目的ではなく「自分のお店を持ちたい」「副収入が得たい」といった目的でつくられているケースがほとんどです。

そのため、給与額自体はそこまで高くない傾向にあるのです。

自宅ネイルサロン経営者の声

【自分だけのお店が持てて満足しています(20代/自宅ネイルサロン経営者)】

結婚するまで通信講座でネイルの勉強をしながら、いつか自分のお店を持とうと考えていました。入籍と同時に自宅にネイルサロンを設け、知人か知人からの紹介限定でサロンを経営しています。

収入は月によって結構開きがありますが、良くて10万円前後です。もともとネイルが好きで、副業的な感じでやりたいと考えていたので、自分としては今の状況に十分満足しています。