HOME » ネイリストとして働く為に受けておきたいネイリスト検定 » ネイリストの資格が通信講座で!?通学と通信の違いは?

ネイリストの資格が通信講座で!?通学と通信の違いは?

ネイリストとして働く際の豆知識

現在ネイリストへの道を目指している方は、ネイリストという職種の特徴や資格の有無などを今のうちに把握しておきましょう。

それだけで今後の目標設定や、それに対する勉強法などが分かってくるはずです。

ネイリストになるために持っておきたい資格とは

ネイルに関する知識や技術をはかる資格試験として、「ネイリスト検定」というものがあります。ネイリスト検定の取得者は、ネイル関連の職種への就職を有利に運ぶことができます。

また、ネイルサロンを開業したりネイル講師と活動したりする際にも、このネイリスト検定の資格の有無が大きな影響を与えてきます。資格を持っていないと、ネイリストとしての腕前や信頼性に納得性が得られないからです。

ネイリスト検定には3級・2級・1級の3種類がありますが、ネイルサロンに勤めるには2級以上の資格を持てるほどの腕前が無いといけないと言われています。

そんなネイリスト検定ですが、現在通信講座の利用とネイルスクールへの通学の2通りの勉強法が試験対策法のセオリーとなっている傾向にあります。

それぞれに特徴及びメリット・デメリットがあるので、自分のタイプに合わせた勉強法を選ぶようにしましょう。

    こんな人は通信講座向き
  • できるだけ費用を抑えたい
  • 自分のペースで勉強したい
  • 外出する時間や手間を省きたい

既に働いている人から初心者の人まで!ネイリスト検定取得を目指そう!

いまやネイルは女性のおしゃれの一環として、その認知度・人気ともに幅広い層に支持を得ています。

今までネイルを「してもらう側」だった人が、ネイルサロンで施術を受けているうちに「する側」に興味を持つ、なんてことも珍しくありません。むしろ増えている傾向にあるのです。

ネイリストになるのに特別な資格を取得する必要はありませんが、持っていれば就職や転職を有利に運べるものがあります。それが「ネイリスト検定」です。

そこで、ネイリスト検定を取得するための一般的な方法である、「通信講座」と「通学」の2通りの勉強法について詳しく紹介します。

資格取得を目指したい!通信講座と通学はどちらがいいの?

ネイリスト検定を取得する方法は、主に通信講座と通学、そして独学の3通りの方法があります。ここでは、通信講座と通学のそれぞれの特徴を、メリットとデメリットに分けて見比べてみたいと思います。

  1. 通信講座
    • メリット1:受講費用が通学よりも安い
    • ネイルスクールに通った場合、80~100万円ほどの受講費用がかかります。その半面、通信講座の受講費用は30万円前後とネイルスクールの半分以下です。

    • メリット2 :自分のペースで勉強できる
    • 通信講座は届けられた教材を使って主に自宅で勉強するシステムとなっているので、自分のペースで勉強することができます。

      仕事が終わったあとのちょっとした時間やお休みの日など、時間帯や曜日などが一切問われません。もちろん勉強する時間も息抜きのタイミングも自由に調整可能です。

    • メリット3:自宅で受講できる
    • 通学で受講した場合、ネイルスクールに通ってそこで勉強するという形になります。しかし通信講座は自宅に教材が届くシステムとなっているので、自宅で気軽に勉強に励めます。

      外出するための準備や手間、費用も一切かかりません。お子さんがいる方や家事が忙しい方にとってはとても嬉しいメリットと言えます。

    • デメリット1:モチベーションを保つのがやや大変?
    • 通信講座の唯一のデメリットは、モチベーションの維持が大変だという点です。自宅という誘惑が多い環境の中で1人で戦い続けるのは、簡単では無いでしょう。

      「絶対にネイリスト検定を取得する!」という強い気持ちがある方、あとは飽きやすいタイプでは無い方に適した方法と言えます。

  2. 通学(スクール)
    • メリット1:講師と直接やり取りができる
    • ネイルスクールには講師が在中しているので、講義の中で何か疑問点が浮かんだときにすぐに質問することができます。

      通信講座の中にも質疑応答の場は設けられていますが、回答を得るのにどうしても時間と手間を要してしまいます。

    • メリット2:同じ目標を持つ仲間をつくることができる
    • 同じ教室で受講する生徒は、同様の目標を持っている場合が多いです。特に全日制のネイルスクールはクラスや授業形態が修了まで変わらないケースがほとんどなので、長い期間共に講義に臨む形になります。

      切磋琢磨し合える仲間がいる環境というのは、通学ならではのメリットと言えるでしょう。

    • メリット3:就職面でのサポートが受けられる
    • ネイルスクールによっては、提携しているネイルサロンへの就職や転職をサポートしてくれることもあります。

      就職面において様々なサポートが受けられるので、その意味で就職のしやすさは通信講座や独学よりも上、と言えるかもしれません。

    • デメリット1:受講費用が通信講座よりも高い
    • ネイルスクールの受講費用は通信講座の約2倍です。取得したい検定の級にもよりますが、比較的安いほうであるネイリスト検定2級や、ジェル初級の取得費用でも50万円ほどの費用がかかってしまいます。

      ネイリスト1級やジェル上級となると、その倍はかかると考えてよいでしょう。

    • デメリット2:通学に時間と手間がかかる
    • ネイルスクールの受講を申し込んだ場合、当然講義を受けに毎回スクールに通い続けなければなりません。現在職に就いている方やこどもがいる方にとっては大きなネックとなります。

通信講座ではどんな教材で勉強するの?

通信講座の教材には、主に以下のようなアイテムが入っています。

  • DVD&テキスト(写真やイラストなどが充実しており、わかりやすく説明されている)
  • 基本的にDVDとテキストは連動した仕様となっており、初心者でもスムーズに学べるような丁寧な作りになっています。

    DVDに収められているネイルの様子はどれもプロによるものなので、施工の流れを覚えたり技術を盗んだりするのに大いに役立ちます。

  • 問題集(検定に向けての問題集がある)
  • 問題集には、ネイルに関する基本事項はもちろん、勉強していてふと浮かんでくるようなちょっとしたQ&Aなどがたくさん掲載されています。どれも検定試験に役立つものばかりです。

  • 添削用課題(実際にネイルチップに施術して提出や、筆記の提出などがある)
  • 通信講座ならではの教材と言えるのがこの添削用課題です。教材として入っているネイルチップにネイルを施して提出することもあれば、筆記問題を解いて提出したりすることもあります。

    いずれも講師から丁寧に添削してもらえます。

  • ネイル用具(プロ仕様のネイル用具がもらえる)
  • ネイルの通信講座に含まれているネイル用具は、どれもプロが使用していてもおかしくないほどの本格的なものばかりです。普段の練習用として使えるのはもちろん、検定時でも問題無く使用することができます。

    ポリッシュやジェルキット、チップカッターや練習用ハンドなど、10種類以上にも及ぶネイル用具が含まれています。これらの道具を大量に収めることのできるネイルバッグも付いてくるので、持ち運びも十分可能です。

自分に合ったスタイルで勉強をしよう!

通信講座を利用すれば、自分の生活スタイルに合わせた勉強法で学べます。自宅で自分の好きなタイミングで勉強に臨めるので、時間を有意義に使うことができるでしょう。

今ネイリストへの就職や転職を目指している人はもちろん、既にネイリストとして働いてはいるけどネイリスト検定を所持していないという方も、通信講座を利用してネイリスト検定の取得を目指しましょう。