HOME » ここでネイリスト求人応募のクエスチョンを解消! » ネイリストとしての腕は研修内容で決まる!充実した研修制度を設けているサロンの見極

ネイリストとしての腕は研修内容で決まる!充実した研修制度を設けているサロンの見極

未経験者必見!ネイリストの研修とは

ネイリストの求人を出しているサロンは、入社したばかりの新人スタッフに接客研修と技術研修を実施する傾向にあります。

それぞれどのような研修となるのか、分かりやすく説明します。

接客研修

接客はサロンでの仕事において最も重要な業務だと言われています。どんなに施術の技術に長けていても、お客様の機嫌を損ねる接客をしてしまったら、二度と来なくなるかもしれません。自分とお店の好感度や信頼度を下げないためにも、接客研修は大事です。

施術にかかる時間は、長い場合だと3時間近くかかることもあります。その間に行われるお客様への会話、気配り、態度など、あらゆる部分で注意が必要です。
それだけでなく、電話応対やクレーム対応など、施術以外の時間帯における接客ノウハウを身につけなければなりません。

これはネイリストという職業だけに言えることではなく、基本的にどのような接客業においても必要不可欠なスキルと言えます。

技術研修

技術研修とは文字通り施術をする上で必要となるスキル、つまりネイルの技術面を学ぶための研修です。

道具の名称、爪やすりのかけ方、甘皮処理など、ネイルのケア方法から学び、そこからネイルオフ(既に入っているネイルを落とす作業)、ジェルネイル、アートネイル…という順で学んでいきます。

仮に別のサロンでネイリスト経験を積んでいたとしても、サロンによってサービスの内容や施術における応用などに違いがあるため、そこもしっかり覚えていかなければなりません。

ちなみに、サロンで働きながら研修を受ける場合、技術研修は空き時間や営業終了後に行われることが多い傾向にあります。

サロンや個人の習得スピードなどにもよりますが、接客研修・技術研修ともに3~6ヶ月ほどの期間を要すると考えておきましょう。

研修中ネイリストのお給料事情

勤務してからの数ヶ月間は、研修の日々が続きます。そこで気になってしまうのが、その間の給料発生の有無です。

結論から言うと、研修期間中給料を支払うサロンもあれば、支払わないサロンもあります。「どちらでも良い」という考えでない限り、求人欄をチェックしたり、面接時に質問したりして、確認するようにしましょう。

給料が支払われるに勤めた場合でも、研修期間中は従来支払われる分の給与よりも低く設定されていることが多いです。給料面をシビアに考えている方は、そこもしっかり確認しておくのが無難と言えます。

ただ、サロンによって研修内容のレベルアップに伴い給料も昇給させる、というシステムを設けているところもあります。また、研修期間中給料を支払わないところでも、業種に関係なく別のところでのアルバイトを認めているところもあります。

研修制度が充実しているサロンの見極め方

ネイリストとしての道を本格的に目指したいと考えている方、もしくは最初に就いたサロンに勤め上げたいと考えている方は、研修制度があり、かつその内容が充実しているサロンへ面接に行くことをおすすめします。研修内容の充実度で今後のネイリストとしての腕が決まると言ってもおかしくないからです。

サロンの研修制度の有無は、求人広告を見れば分かります。そこにどのような研修が行われるかある程度記載されていることもありますが、詳細までは書かれているケースはほとんど見ません。

一番良いのは、一人の客としてお店に入り、そこでそのサロンに勤めるスタッフの施術を受けながら研修制度のことを聞いてみるというやり方です。接客の姿勢が良いスタッフ・サロンであれば、親切に内容を教えてくれるはずです。話を聞きながらお店の雰囲気を掴めるというのも、このやり方の一つのメリットと言えます。

逆に、こちらからの質問や相談に雑に応じるようなところには面接に行かないようにしましょう。研修制度があったとしても、内容があまり充実していない可能性が高いです。

また、スタッフから研修の話を聞くときは、「このお店は自分が身につけたい技術を提供しているところかどうか」という部分にも注意しましょう。このような細かい部分は求人広告に記載されていない場合が多いので、やはり直接スタッフに聞くのが一番手っ取り早いです。

  • 求人広告を見て研修制度の有無を調べる
  • 直接お店に行き、施術を受けながら研修制度の内容やお店の施術スタイルや雰囲気を確認する

この2つを実践してサロンを探せば、充実した研修制度を行っているところを見つけられるはずです。