HOME » ここでネイリスト求人応募のクエスチョンを解消! » 【「資格取得者優遇」の意味】ネイリストに関連する資格の必要性について

【「資格取得者優遇」の意味】ネイリストに関連する資格の必要性について

ネイリストになるために資格は必要?

ネイリストという職業に興味を持っている方の中には、

「ネイリストになるのには資格が必要かどうか分からない」

「ネイル関連の資格があったとしても国家資格ではないよね?」

といった、資格関連の疑問や思い込みを持っている方もいるかもしれません。結論から言うと、ネイリストになるために資格は必要ありません。

ただ、「ネイリスト検定」という、ネイリストとしての正しい知識と技術がある人しか取得できない検定試験及び資格は存在します。しかしこれは国家資格ではなく、JNEC(Japan Nailist Examination Center=日本ネイリスト検定試験センター)が主催及び付与しているものになります。

それでは、ネイリストとしてどこかのサロンで働きたいと動いた場合、資格の有無や取得している資格の内容によって求人先の反応や合格率などは変わってくるのでしょうか。もう少し深く追求してみましょう。

無資格・未経験OKの求人はかなり少ない!

現在求人を出しているサロンは、募集要項に「経験者・有資格者優遇」と記載しているところがほとんどです。無資格の方や未経験の方は採用されない可能性が高いと考えてよいでしょう。

関連している国家資格がないにも関わらず、なぜこんなにサロン側は有資格者を優遇したがるのでしょうか。

答えは「お客さんは有資格者の施術を受けたがるから」です。

民間資格とはいえ、ネイリスト検定はネイルに関する専門的知識や技術を有した者しか取得できないちゃんとした資格です。特に上級の資格を持っている人はプロ中のプロと言っても過言ではありません。

また、有資格者はお客さんだけでなくお店側にもメリットをもたらします。

まず即戦力になります。知識や技術をほとんど持っていない人をネイリストとして一から育て上げるのと、有資格者ですぐにでも接客できる人とでは、お店側としてはやはり後者を選びたくなるのが実情です。

さらに言えば、HPやチラシなどで有資格者がサロンにいることを記載するだけで、集客率がアップします。

このように、”現場ですぐに活躍できる”のが、資格を持っているネイリストなのです。

まだ資格を持っていない方は、この現状をプラスに受け止めましょう。資格を取得すれば採用率が一気に上がるとも言えるからです。

応募可能な求人を増やすために、資格を取っておこう

求人の中には、”応募資格”を設けているところが多いです。「このサロンに応募したいのにできない……」ということにならないように、早めに策を講じておきましょう。

応募できるサロンの数を増やしたいなら、ネイリスト検定を受験し、有資格者になることをおすすめします。なぜなら、ネイリストを募集しているサロンのほとんどが有資格者を優遇しているからです。

また、このネイリスト検定という資格を持っていれば、後々独立開業する際も大いに役立ちます。

勉強する時間や受験料こそかかりますが、長くネイリストとして働くのであれば、ネイリスト検定を取得して損はない、というのが現状です。

おすすめの資格

ここでは、ネイリスト検定及びネイリスト検定に関連する検定の中から、特に「ネイリストとして一から働こうとしている方」に向いているものを紹介しています。

ぜひこの情報を参考に資格取得を目指してください。

  • ネイリスト技能検定2級
  • ネイリスト技能検定2級は、事前審査と実技試験に分けて行われます。事前審査では、テーブルセッティング、そしてチップ&ラップに使われる道具が準備できているかどうかが見られます。

  • ジェルネイル技能検定中級
  • ジェルネイル技能検定は、「初級」「中級」「上級」に分けられています。

    ジェルネイル技能検定中級は、ネイルケアとジェルネイルを施術するために必要な専門知識及び技術を持っていなければ取得できません。具体的には、ジェルネイル+ポリッシュカラーリングやグラデーションジェルネイルやフレンチスカルプチュアなど、ネイリストがサロンで求められる技術が試されます。

上で紹介した2つの級は、それぞれレベル的にはちょうど真ん中の級にあたります。なぜここで初級にあたる級を紹介しないのかと言うと、3級及び初級はいわゆる入門者レベルだからです。

はっきり言って、取得したとしてもネイリストとしてサロンで働くレベルには到達していない可能性が高いです。実際、合格率もそれぞれ70~80%とかなり高めです。

ネイリスト技能検定は2級、ジェルネイル技能検定は中級を取得してはじめてサロンで接客できるレベルと言えます。

ネイリストを募集している求人欄の募集条件に「ネイリスト(ジェルネイル)技能検定取得者優遇」と記載されていることがありますが、これは2級及び中級以上を指していることが多いです。

これらのことから、サロンでネイリストとして働きたいのであれば、ネイリスト技能検定だと2級、ジェルネイル技能検定だと中級以上を取得するのが望ましいと言えます。

ちなみに、ネイリスト技能検定に合格すれば、ジェルネイル技能検定の第一課題が免除されるようになっています。