HOME » ここでネイリスト求人応募のクエスチョンを解消!

ここでネイリスト求人応募のクエスチョンを解消!

ネイルサロンって、普通の会社とどこか違って見えてしまいます。

求人の中には、未経験・無資格でも応募OKと条件に書かれているサロンもちらほらあるので、完全未経験でも本当に入っていけるのか、収入は求人票に記載している通りで貰えるのか気になってしまいますね。

そんな、ネイリスト希望者が抱える疑問についてお答えします。

ネイリストの求人Q&A

求人応募の際の不明点解消

Q:なかなか条件に合うネイリストの求人が見つかりません!

A:ネイリスト求人サイトへ会員登録するのもひとつの手です。

ネイリスト求人サイトなら、働きたいエリアやサロンの労働条件で絞って求人情報をリサーチできます。色んなサロンを比較しながら求人を探し出せるので、あなたにピッタリの条件が整っているサロンが見つかりやすいです。

また、会員登録を済ませれば、求人サイトから多くのサロン情報リサーチだけでなく、応募書類の添削やスカウトメール受信など就職・転職活動を有利になりますよ。

Q:ネイリストへの転職を考えていますが、資格は必須ですか?

A:必須ではありません。ですが、資格を持っている方が就職には有利です。

サロン求人のほとんどが、検定2級以上・1級以上・スクール卒業済・経験1年以上と言った文言を記載しているところがほとんど。無資格OKは、パートやアルバイトの求人が目立ちます。

もし、プロのネイリストとして本気で働きたいのであれば、技術を習得している証となる資格は取得しましょう。

なぜなら、サロン同士の競争激化によりどこもすぐ現場で動けるネイリストを欲しているからです。

仮に、資格取得に成功しても、ネイリスト3級ジェルネイリスト検定初級取得で終わらせてはいけません。経営がしっかりしているサロンほどネイルの質にこだわるので、信用性を得てすぐ現場に立つためには、ネイリスト検定2級以上・ジェルネイル検定中上級の取得しておくべきです。

Q:ネイリストの収入はどれくらいでしょうか?

A:アルバイト・パートで時給800~1,200円程度、正社員で月給15~20万円程度です。

ちなみに、研修期間中だと通常受け取れる時給・月給よりも低めの金額あるいは無給となります。研修段階だと、まだまだ戦力になれていないので、収入が低くなるのは致し方ありませんが、そこが踏ん張りどころです。

技術研修への参加・接客業務・個人での技術磨きなどを1年間必死にこなし続ければ、自ずとサロンが求めているスキルや接客力が身につき、研修段階と比べて高めの収入がもたらされます。

技術職でもあるネイリストは、実務と経験の積み重ね度合いで市場価値が変動します。任される仕事のバリエーションも増えるため、時給1,200円・月給20万円以上の収入も現実化します。

モチベーションを持って、4~5年の経験を積み重ねれば、店長や幹部クラスの役職を任され、月給は30万前後、サロンの売上反映によっては40万~50万円程の収入も見込めます。

経験の積み重ねに応じて、任される仕事の幅拡大、責任ある立場に任命、収入UPが見込めるのは、技術職であるネイリストならではのやりがいと言えます。

ネイリスト求人サイトの会員登録する

大量のネイリスト求人を探すのに一役買ってくれる求人サイト。

会員登録をすれば、ネイルサロン求人リサーチだけでなく、ネイリスト志望者にうれしいメリットがたくさんもたらされます。

ネイリスト求人サイトへの会員登録でもたらされるメリットとは、会員登録時に踏まえるべき手順とは何なのでしょうか。

<<ネイリスト求人サイトの会員登録情報>>

ネイリストから転職した人はどういった職業に就いているのか

ネイリストの技術や実務経験は、いざ転職することになっても無駄にはなりません。ネイルの知識や技術を活かして就ける仕事、デザインや接客の力を活かせる仕事が盛りだくさんです。

主に、ネイリストが次へのステップを踏む先としてどんな職種が多いでしょうか。

<<ネイリストの転職情報>>

ネイリスト面接の内容とは!?

おしゃれな業種であるネイルサロンの面接は、若干羽目を外しても大丈夫と思っていませんか。

確かに、一般企業とは異なる面接スタイルをとっていますが、根本的なところは一般企業と同じです。サロン面接にふさわしい服装は勿論、事前に準備すべきものや面接での受け答え方法も知っておきましょう!

<<ネイリストの面接情報>>

ネイリストは資格の有無で求人が変わるってホント?

無資格でも、ネイルサロンへの求人応募は可能です。職種はアルバイトが多く、最初はネイルには関連性のない仕事を任されますが、練習次第では施術を任される可能性もあります。

アルバイトがメインとは言え、実際無資格OKのサロンは数えられるほど。応募できるサロンに幅を利かせたいなら、最低限取得しておくべき資格についてチェックしましょう!

<<ネイリストの資格情報>>

何を学べる?お給料は?ネイリストの研修、気になるアレコレ

ネイルサロンで戦力になるには、一旦研修でサロンならではの技術力と接客力を身につけるところから始めなければなりません。

研修については、サロンに応じて期間は勿論ですが受け取れる給与金額も異なります。

確かな技術を身につけるのと満足できる給与を受け取るために、サロンの研修充実度を見極めるポイントは知っておくと後々便利です。

<<ネイリストの研修情報>>